2006年10月26日

タワーオブテラー乗車中の魅力

やっとの思いでエレベーターに乗車。乗車するとキャストが座席後方から列ごとにシートベルトの確認にくる。この際、手荷物等持っていると危険なので足元に置くように指示される。無論この中は撮影も出来ないので写真も無い。
キャスト達が安全確認を終えて降りると扉が閉まりいよいよ開始だ。ちなみに乗車時からスタートまでかすかに聞こえる空洞を空気が駆け抜ける音。これは擬似的に作られた音だがとても効果音としては良い!エレベーターホールがどこまでも高く続いているのではないかという気分にさせられる。

スタートと同時にハイタワー氏から呼びかけがある。『愚か者目が・・・なぜ忠告を聞かなかった・・・』

しかし、1番反省しているのは 実はハイタワー三世氏の方。 

なにやら足元にはキャタピラの様な装置が見える。どうやら後方に水平移動しているようだ。ある一定まで後方に下がると上昇!なんとも不思議な感覚。怖いことは無くなぜだかとっても楽しい。

上昇中にはいくつか停止ポイントがあって、タワーオブテラーのストーリーの真髄に迫る。 ほほぉう ハイタワー三世氏はこうやって消えたのか・・・。

そして更にシリキウトゥンドウの生声を初めて聞く!笑い声は書斎で聞くことはあったが、実は話すことが出来る偶像だったとは・・・。ここでシリキウトゥンドウが話せることを私は初めて知った。
TOTのエレベーターに乗ったら驚きを抑えてセリフも良く聞きたいところ。

そうこうしているうちにエレベータはまた上昇。あるポイントで熱センサーによって映し出された自分達に別れを告げ手を振る。

やがて素敵な景色を見る事になる。
落下前.jpg
エレベーターで最も高い位置から眺める景色は最高だ!
暗闇から出てあの景色を見せられたら誰もが一瞬エレベーターに乗車している事を忘れて遠くを見る!
そんな不意を付かれた瞬間がカメラカメラポイント!カメラは窓枠の上部にあるからバッチリカメラ目線で写真を撮ろう!
後で見るのが楽しみだぞ!

エレベータは上下に何度か動くがフリーフォールほどではないので老若男女楽しめる。
絶叫コースターは駄目だけど、ディズニーランドのコースターなら平気という人は多いのではないだろうか。タワーオブテラーはフリーフォール系アトラクションというが、私が思うには全く新しい新感覚のアトラクション。ストーンという落ちる感覚がそんなに強くないので落ち系が苦手な人でも是非ともチャレンジしてもらいたいアトラクションである。是非シーに行ったら乗ってみてね!


一日一回の→人気blogランキング←クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気blogランキング

posted by ファインド at 12:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タワーオブテラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26176152
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。