2006年01月20日

ユカギルマンモスミュージアム

ユカギルマンモスミュージアムに入ると、すぐ目の前にマンモスのセットが設置されており圧倒される。ここは撮影ポイントでマンモスの正面や側面から記念写真を撮る人が多い。
DSCF6778.jpg

少数又は一人で来た場合はSTAFFに頼んで写真を撮ってもらおう。頼めば快く引き受けてくれるぞ。

ちなみにこの角度が私のお気に入り。
DSCF6780.jpg

私もこの角度で写真を撮ってきた。会場は比較的暗めだが小さな子供連れの家族が沢山きていた。また、万博へ行った人が再度見に来るケースも多いようで、会場内では『万博にはこれなかったね』とか『モリゾーキッコロのところにはこんなのあったっけ?』等と会話が飛び交うのが聞こえた。

DSCF6781.jpg

今回、このユカギルマンモスミュージアムでは実際のマンモスの『歯』と『牙』に触ることが出来る体験コーナーも有る。


DSCF6782.jpg

これは『マンモスの歯』来場者は必ず皆触っている。私も触ってみたがニスが塗られた木を触っているような感覚。違和感がなく、逆に良く出来すぎてる感じもあり、本物より偽物と思ってしまうくらいである。

そして『マンモスの牙』象牙とそう変わりないが、マンモスらしく流曲線が凄いexclamation
DSCF6785.jpg

感触はやはりニスが塗られた木材。こんな感じの木造住宅の階段を触ったことが有る^^;
せっかくだから訪れた際は是非とも触っておこう

子供向けのサービスexclamation&question
DSCF6787.jpg

マンモスの足の形をした靴が展示されていた。写真ではわかり難いがこの2足は結構大きいぞ!丁度裏側にくぼみがあって靴のまま足を入れることが出来る。但し、固定されているので履いて歩くことは出来ない。ここもカメラポイントぴかぴか(新しい)足を入れて写真をとっている人が多かったカメラ

そしていよいよユカギルマンモスの部屋へexclamation×2
DSCF6795.jpg
残念ながらカメラ写真撮影は禁止場所。まぁ今となってはいろいろな所で露出があるので写真を撮らなくてもいいかな。
ユカギルマンモスの本体はまさにあの万博で見た冷凍マンモスそのものだった。恐らく固定している物やコンテナまで同じと思われる。

ユカギルマンモスミュージアムは所有時間約10〜20分(冷凍マンモスや資料の観覧する時間によって異なる)位でしょう。お台場に行った際は是非よってみよう!

一日一回の→人気blogランキング←クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気blogランキング















posted by ファインド at 12:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。